大人から始める!ピアノ弾き語りのコツ!

大人になり時間も少し余裕ができてきた。何か趣味に楽器でも始めたい!憧れだったピアノ弾き語りをしてみたい!だけど「どこから始めたらいいのか。。。」そんな方が弾き語りを始める上での準備~コード弾きができるをまでの道標を発信していきます!

いざ楽器を始める前に考えたい「3つ」のこと

こんにちは!

ピアノ弾き語りシンガーソングライターの平野拓也です!

今日は東京でもみぞれ、雪がちらちらと降った、

冬らしい天気になりましたね!

 

身体の芯まで凍えてしまいそうな寒さが、

老体には堪えますが、今日も綴っていこうと思います(笑)

 

ところで、前回の楽器選びのコツを読んでいただけたでしょうか?

↓↓↓

piano88music.hatenadiary.com

 

まだ楽器が手元やお近くにない方は、こちらも是非

参考にしてみてください☆彡

 

さて、まず練習をする前に考えたいことについて、

「3つ」のことを本日はお伝えしようと思います。

 

1、気に入った曲をリストアップする。

f:id:hiranotakuya0114621:20170209214004j:plain

きっとピアノ弾き語りがしたい!と思ったあなた。

きっとここにたどり着くまでに、

この曲いいな!!かっこいいな!!素敵!!

 

直感を感じた曲に出会ったのではないでしょうか?

まず、あなた自身が直感で感じた「感覚」を

大切にあたためて育ててください!

 

そこになにか共通点は見えますか?

 

2、一曲、目標の曲を選びゴールを決める。

 「1」でリストアップした曲の中から、

「これ弾いてみたいな~」と思うものを

ひとつで良いので選んでみましょう!

 

「え~絶対自分には無理だ~」

「弾けるわけないい。。。」

 

そういった考えは一切関係なく、

楽譜ある、なし、に関わらず、

まずは「近い将来、必ず弾くんだ!」という

決意をもってください!!

 

このゴールがひとつ決まっているだけで、

時間がかかろうと、必ずあなたは弾けるようになります!!

 

■思考を少しずつ変えていく

ここで今一度、注意しておくことがあります。

実は、ピアノ弾き語りや、その他楽器を始める前に、

まだ何も練習してない、始めてもいない段階から、

 

 

 

「あきらめモード」

 

 

 

そんな方が結構いらっしゃいます。。。

いざ楽器を始めようと思ったのに、

自分の可能性を狭めているようで、

非常にもったいないことだと思います。

 

そこで、僕がとても参考にしている本「7つの習慣」

(by スティーブン・コヴィー氏)の言葉をご紹介します!

※こちらの記事がとても素晴らしかったので、

是非参考にしてみてください☆

↓↓↓

creva.biz

 

まずは、自分の可能性を縮めるコトバを使うのを

一切やめてみましょう!!

 

・「できない」

・「練習する時間がない」

・「自分には才能がない」

 

このコトバたちの視点をすこし変えて、、、

 

・「できない」

「昨日までできなかったこのコードが今日は弾けた!」

 

・「練習する時間がない」

「ひとまずピアノの前には座った!」

 

・「自分には才能がない」

「まだ始めたばかり!千里の道も一歩から!」

 

「ないない」づくしの言葉を

「もしかしら、○○かもしれない!」

と、少しでも前へ進めるような言葉を

自分に投げかけてあげてください!

ほんの少しのことでも自分をホメテあげてください☆

 

それでももし、立ち止まってしまいそうなときは、

「1」のリストアップした曲やアーティストさんの曲を

もう一度聴いていきましょう(^^♪

原点に戻った時、「なんで」始めようと思ったのか、

そういった直感がよみがえって、

モチベーションに繋がるはずです!

 

さて、いかがでしたでしょうか?

今日は、いざ楽器を始める前に大切なことを

綴っていきました。

 

今後音楽理論はもちろんのこと、

イロイロ綴っていきますが、

迷ってしまったら、この記事に戻ってきてくださいね♪

 

それでは、今日はこのあたりで♪